コラムを楽しむ

システム管理に携わる人たちが語る。様々な話題満載のコラムをお届けします。

システム管理者のためのBookCafe Vol 64 アマゾンのすごいルール
2018年6月13日 14:30

今回のBookCafeでご紹介する本は先日ふと本屋に立ち寄った際、タイトルを見た瞬間に読みたいと思った一冊です。

現在皆さんが生活している中で、多くの方が利用しているであろう「Amazon」という会社について書かれている本です。
携帯電話やコンビニといった便利なものがある生活の中で、なくてはならない存在にまで成長した会社の仕事術と心得がこの一冊に詰まっています。
ぜひ手にとってみてください。読んだその日から、あなたの働き方も変わるかもしれません。

内容紹介

「お金2.0」 新しい経済のルールと生き方

アマゾンのすごいルール

佐藤 将之 著

Amazonの創生期を支えた「17番目の社員」が初めて語る、Amazon社員の革新的な働き方!ネット通販最大手のAmazon――。最先端テクノロジーを駆使し、続々と新サービスを生み出しています。当日配送システムの確立から自社倉庫の設立、『Amazon GO』『ドローン配送』『Amazon Echo』など、発表される新サービスは、どれも革新的で世間を驚かせるものばかり。驚異的なスピードと圧倒的なクオリティでサービスを生み出し続け、世界を常にリードしているAmazon。その内部で働く“アマゾニアン(=アマゾン社員)”は一体、どのような働き方をしているのか。

●10億円企画の決裁も2日でおりてしまう、スピード感のある職場とは?
●「会議冒頭15分間沈黙ルール」とは?
●「ピザ2枚ルール」とは?

創業者ジェフ・ベゾスの理念に基づいた、Amazon社内のルールや働き方を大公開する一冊です。

宝島社 紹介文抜粋)

Shouhei’s Review

現在、「働き方改革」という言葉が世間をにぎわせていますが、
皆さんの会社ではどんな取り組みをされているでしょうか?

この本を読んで、約25年という短い期間で世界のトップ企業にまで成長したAmazonという会社の働き方や考え方、社内ルールなど非常に参考になる事ばかりでした。

今回のBookCafeでは本書の冒頭に書かれている会社の理念について、少しだけ紹介していきます。
Amazonの経営理念は非常にシンプルで、
【Customers Rule!】=お客様が決めるんだ!
です。

この言葉を大原則に社員は「お客様のために何ができるか?」を考えて働いています。
どの会社でも同じような理念を持って事業を遂行していることでしょう。
しかし、Amazonほど純粋にこの理念を全うしている会社はないと思います。

どれほど純粋にお客様の事を一番に考えているのか本書から少し例を紹介します。

Amazonで注文を受けた商品が配達業者の手が回らずクリスマスまでにお客様に届けられないという事態が発生しました。
そこで、Amazon社員は緊急会議を行い、
「届け先の最寄りにある倉庫の所長が、サンタクロースの格好をして直接届ける」
という方法を考えたのです。
約束を守るだけでなく、サプライズまで届ける。そんな行動を当たり前のように遂行しているのです。

また、Amazonでは次々と新規事業や新規プロジェクトが検討されています。
新しい取り組みを検討している際に、こんな事を聞かれます。
「お客様はそれによって喜んでくれるのか?」
「それはお客様にとって本当に価値があるのか?」
この質問にYesと答えられないプロジェクトはその時点で中止となります。
どんなに会社にメリットがある企画でもお客様を喜ばせることができなければAmazonでは通らないのです。
ドローン配送やプライムナウも上記と同じでお客様を第一に考えたサービスなのです。

さて、会社というものがなぜ成り立っているのか考えた事はありますか?
「人気商品」「スーパー営業マン」「CM広告」などさまざまな要因があるでしょう。
しかし、根元を考えるとお客様がいて、お客様が対価を払ってくれているから会社は成り立っているのだと思います。

Amazonの社長のジェフ・ベゾスはこう話しています。
「おそらく10年後にはわれわれが築き上げてきた顧客中心の文化が他の企業や産業、組織に受け入れられ、今われわれが追い求めているのと同じ理念で活動する組織が生まれてくる。その時、Amazonはそのロールモデルの見本とならなければならない。」

この本を読むと、自分自身の働き方や仕事に対する考え方を見つめ直す良い機会になるかと思います。
Amazonという会社の考え方がすべて正しいとは限りませんが、共感できる部分は多くあると思います。
ぜひ、忙しい毎日の中で一息ついて、読書をしてみてはいかがでしょうか?

システム管理者のためのBookCafe
アナログで行きましょう。 毎日端末画面と向き合っているシステム管理者の方に、たまにはアナログな時間を持ってみませんか? できれば携帯も少し離れたところに置いて… これからの自分や今まで知らなかった世界・人に出会う入り口になるかもしれません。
記事一覧へ
筆者紹介

“システム管理者のためのBookCafe” レビュアーのご紹介
●システム管理者の会 推進メンバー
システム管理者の会の企画・運営をする推進メンバ―が、会員の皆様にお奨めする本をご紹介してまいります。

この本を読んだことがある方、読まれた方のご感想もお待ちしております!(⇒ぜひ、コメント欄にコメントをお寄せください☆)

コメントを書く

未ログイン: ログインする

コメント: ログイン(会員登録)すると、コメントを書き込むことができます。

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22015年10月16日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

毎年恒例となった「システム管理者の会」の年に一度の大イベントとなる「システム管理者感謝の日イベント」の模様をお届けします。 今年のテーマは、「集まれ若いチカラ!システム管理者のための夏期講習!!」です。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ