SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

コラムを楽しむ

システム管理に携わる人たちが語る。様々な話題満載のコラムをお届けします。

ニューノーマルで悩む管理者の夜 第拾九夜 サービス終了(サ終)で悩む管理者の夜
2022年4月27日 10:00

サービス終了(サ終)について話しましょう

「サービス終了」、嫌なひびきの言葉です。でも、それがないと新しいサービスのための要員が足りなくなります。そして、日常的に「サービス終了」は存在しています。みんなが所持している(いた)携帯電話の3G回線のサービス終了、スマホで楽しんでいたゲームのサービス終了、近くの銀行の一部サービス終了など。いつのまにか消えてしまって、「サ終か?」と騒がれ、また復活した某ファストフードのスマイル0円サービス(*1)


<図表19-1 auの3Gサービス終了案内>

このように「サービス終了(サ終)」は日常にあります。しかし、IT業界にとっては、かなり重要なターニングポイントとなることが多いです。

ゲーム界でのサービス終了は日常です

「サービス終了」で検索してみると、まずスマホのゲーム終了がヒットします。それくらい、ソーシャルゲームやオンラインゲーム、アプリでのサービス終了が多いということなのですが。ソーシャルゲームの特性(*2)上、確実にサービス終了はあります。というより、長く続くゲームはほんの一握り。ゲームを開始したタイミングから、カウントダウンが始まっているのです。
しかし、自称コアなユーザーやゲーム依存症なユーザーには納得できないことみたいです。
「なんでやっていないんだ?」「終わって悲しい。ロスです」「運営は無能。継続に努力しろ」などの悲鳴や怒号が、ほんの一部だけ上がってきます。
ゲーム系であれば、どこかに「状況によりサービスを終了することがございます」的な文言は確実に書いてありますし、「ユーザ満足を考えろ」っていっても、一杯100円のコーヒーで粘る客みたいなユーザーは、ロイヤル顧客(*3)ではありません。場所を取っていて邪魔なだけです。熱意とサービス継続のためのコストは、決して比例しないんですよ。さっさと新しいゲームに投資しましょう。

システム保守・運用にとってのサービス終了

さて、次にエンタープライズ系、つまり企業システムです。システムを保守・運用する立場、システムを開発する立場にとってよくあるサービス終了といえば、EOS(End Of Sales, End Of Support)とかEOL(End Of Life)です。「製品がEOSだから、システム更改したい」と顧客に言われるケースが多々あります。特に、ハードウェアやパッケージが多い(*4)でしょうか。

 EOS  End Of Sales 販売終了。但し販売終了後もサポートやサービス、修理受付などは継続されるのが一般的。
 –  End Of Support 保守終了。修理や交換も終了、問い合わせも終了。
 –  End Of Service サービス終了。ほぼ、上記と同じ。
 EOSL  End Of ServiceLife  End Of Service と同じ(=End Of Support)
 EOL  End Of Life  End Of ServiceLife と同じ(=End Of Support)

<図表19-2  EOXの種類>

販売終了し、そのあとサービス(保守や修理交換)も終了という流れです。

ふと考えると、システムに使っているパッケージやソリューションも、ゲームと同様に完成したタイミングから、時代遅れになる可能性が高いといえるかもしれません。トランザクション量の増加、トランザクション自体のサイズ重化、厳しくなるレスポンスタイム要求、ヘビーになっていくUI、度重なる機能追加に、絶対対応しなくてはいけない法制度の変更対応(*5)など。これらに対応するために、ガンガン修正やらメモリ追加やらをかけていきます。でも、本体自体がその改造に耐えきれるかどうかはわかりません。「拡張性高いですよ~」と言われても限界があります。
また、メーカーでも何年も同じスペックの製品を売っていたら、売上げは右下がりになります。常に新製品を販売し続けることが必要です。やはりソシャゲーと同じですね。新製品発売と同時にカウントダウンかもしれません。
さて、このような契機で発生するEOSに対する対策ですが、販売終了前にその製品を別の製品に切り替えるのがベストです。でも実際には、切り替えるだけでは済まず、載っているシステムにも手を入れる必要があります。実例として、EOS対策としてシステム更改を行ったが、保守終了までに間に合わず、ベンダーに個別延長をお願いする、というケースも本当に多くみられます。なぜか、ユーザーって、ギリギリまで切り替えずになんとかしようとあがきますから、無駄なんですが。

激震、富士通のメインフレーム撤退

2022年2月に報道されたニュース、富士通が2030年度(2031年3月期)末にメインフレームの製造・販売から撤退。さらに、UNIXサーバーも2029年度下期に製造・販売を終了。

【参考】日経XTECHの記事 富士通がメインフレーム製造・販売から2030年度に完全撤退へ、66年の歴史に幕
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06546/

この報道は、富士通製品を使用している企業にとって大事件。いままでメインフレームでしっかり稼働させてきた基幹なシステム。時には、メインフレーム上の古いOSを新しいOSにしたり、部分的に外部システムに出したりなどの手を使い、レガシーな資産をだましだましつかってきました。それが、ハコ自体が販売終了。
富士通のメインフレームは、2021年の国内出荷台数1位です。46.7%です。約半分です。メインフレームの主な納入先は、有名なところですと、銀行を中心とする金融業界です。まさか、Mの悲劇(*6)が始まるのでしょうか?


<図表19-3 国内メインフレーム2021年出荷台数シェア 富士通HPから>
(https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/servers/mainframe/gs21/topics/achievements.html)

完全撤退は2030年期末ですから、まだ10年弱あります。勝手な予想なのですが、たぶんクラウドの上に旧レガシー資産が動くミドルウェアが発売されます。そもそも、古いレガシーなコードを切り捨てて新しく組みなおしなんて、まずコストと時間、さらに旧システムのノウハウが、かなりかかります。そんなに、金も時間も、優秀なエンジニアもいません。なので、そっちの方向に舵を切る動き(*7)が確実に発生します。「メインフレーム疑似な環境 on クラウド」は発売されるでしょうが、その試みが成功するかどうかは未定であり、もし導入したとしても、現行機との並行運転(*8)や試行期間もそれなりに必要です。
あ、でも2016年4月頃話題になった例の富士通を退職した意識高い系学生(*9)のようなパターンはなくなるのが富士通にとってメリットでしょうか。

サービス終了のための段取り

このような「サービス終了」アクションを行うにあたって、そのサービス提供側では、どんな準備をしなくてはいけないのでしょうか?

 ・サービス終了の告知
 ・必要な場合は、お役所系への届け出
 ・上記の問い合わせ対応
 ・並行して、サ終のための各種準備
   ・・止める/無くす作業の洗い出し
   ・・残す必要なタスクの切り替え
   ・・要員異動準備や引継ぎ
   ・・ノウハウやログの記録
   ・・念のため各種のバックアップ
 ・サービス終了のリハーサル
 ・サービス終了実施
 ・収支の予実策定(アフター対応の見込み含)
 ・アフター対応(主に問い合わせ対応)

のような感じでしょうか? さくっと電源落として終了とならないところが面倒です。サービスというものを終了するアクションですから、面倒でも仕方ないといえます。でも、だらだらと続く維持作業と維持費を考えると、サービス終了は必要なものでもあります。始まりがあれば、終わりがある。諸行無常なIT業界です。
では良き眠りを(合掌)。

「朝寝は時間の出費である。しかも、これほど高価な出費は他にない」 by アンドリュー・カーネギー

 

 

    • 商標について
      本コラムに記載されている商品やサービスの名称は、関係各社の商標または商標登録です。文中では、(TM)や(R)を省略しているものもあります。
    • 引用・参照について
      本コラムで引用・参照した図表や文章については、明示して引用元・参照元を記載しております。
    • 著作権・免責について
      本コラムの著作権は、著作者に帰属します。本コラムは著者の主観に基づく情報の提供のみを目的としており、本コラムに記載された内容を用いた運用などは、読者の責任と判断においておこなってください。また、記載内容は、執筆時のものを使用しております。

 

*1 McDonald’s Corporation及びその関係会社の登録商標として、スマイル0円は登録されています。

*2 ソーシャルゲームの特性、始まったと同時に終了へのカウントダウンが始まります。ユーザー数が減り始め、いろいろなキャンペーンで微増するが、また減り始める。そこをうまくごまかしつつ、初期投資を回収できれば、さっさと撤退というビジネスモデルです。最初の企画の段階から、初期投資、維持費、想定ユーザー数、ユーザー減少割合、撤退時期などは見込んでいます。これが、上振れすればラッキー、下振れすれば最低限のテコ入れ(*10)をして、場合によっては損切りするしかありません。維持費 > 収入は相当まずいですから。

*3 ロイヤル顧客(カスタマー)とは、以下の3点を持つ顧客という説があります。
 ・繰り返し製品やサービスを購入してくれる(無課金ではない)
 ・競合製品に流れない(浮気はダメ)
 ・第三者に製品やサービスをすすめてくれる(ユーザー増加効果持ち)
さて、あなたはロイヤル顧客なのかな?

*4 SAPの2025年問題もEOSが起因です。2025年問題というのは、「SAP ERP」の保守期限が2025年に切れること。2020年2月4日、欧州SAPが「SAP ERP」の保守期限を「2025年末から2027年末へ変更する」と発表し、実質2年間の延長になりましたが、問題自体は変わりません。2027年までに、切り替えるかどうかの判断、ではなく切り替えないとかなり困ったことになります。「第五夜 DXレポートで悩む管理者の夜」でもこの問題を記載しています。

*5 法制度対応。例えば、消費税とか所得税などの税制変更や個人情報保護法、電子帳簿保存法も改正されました。計算方法などが変われば、対応するパッケージに修正を入れなくては、業務が廻りません。各種帳票なども追加する必要があります。和暦年号が変わるのは、一番面倒です。

*6 みずほ(MIZUHO)とメインフレーム(Mainframe)をかけました。みずほについては「第七夜 みずほ障害で悩む管理者の夜」をお読みください。

*7 過去にもレガシーなCOBOLをCやJavaに切り替えようとしたり、メインフレームからのダウンサイジングという動きはありましたが、結局、Visual COBOL(要するにCOBOL資産エンジニアを切り替えられなかった)とかメインフレーム上で動くUNIXとかの方向に動きました。

*8 現行システムを切り替えたり、マシンの載せ替えの場合、まず新旧システムの並行運転・稼働が行われることが多いです。そして、数字や帳票などが、旧と新で正しいかを突合します。

*9 「IT業界の病理学」のCASE5-5 学生のキャリアアンマッチ病に書いてあります。大手に入社した場合のあるあるネタなのですがね。

*10 ソシャゲーのテコ入れ策として、以下がよく見られます。

 対策  予想効果
 ガチャでばらまき  ユーザー引き留め
 石(本来課金で購入するもの)のばらまき  ユーザー引き留め
 復刻イベント  開発コスト削減
 低課金ガチャ  収入増加

 

 

 

ニューノーマルで悩む管理者の夜
2020年に発生したいわゆる「コロナ」のため、日本人のみな らず全世界の人々の生活は一変した(と言われています)。その 変化を体言するキーワードが、「ニューノーマル」。新常態と訳 すべきものですが、このニューノーマルに対応するために、ビジ ネスマン、エンジニア、家庭の主婦まで、日々あたふたする姿が 見られます。この珍常態を、システム管理者目線でゆるーく語っ ていこうと思います。
記事一覧へ
筆者紹介

司馬紅太郎(しば こうたろう)
大手IT会社に所属するPM兼SE兼何でも屋。趣味で執筆も行う。
代表作は「空想プロジェクトマネジメント読本」(技術評論社、2005年)、「ニッポンエンジニア転職図鑑』(幻冬舎メディアコンサルティング、2009年)など。2019年発売した「IT業界の病理学」(技術評論社)は2019年11月にAmazonでカテゴリー別ランキング3部門1位、総合150位まで獲得した迷書。
TW @shiba_koutaro

コメントを書く

未ログイン: ログインする

コメント: ログイン(会員登録)すると、コメントを書き込むことができます。

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

2021年7月 第15回システム管理者の会 感謝の日イベントの開会のご挨拶の様子を掲載いたします。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ