SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

コラムを楽しむ

システム管理に携わる人たちが語る。様々な話題満載のコラムをお届けします。

品川海外システム運用研究会 第3回 「エンタープライズ・モバイル」が動き出す時
2010年11月24日 19:55

第1回 コラムの「業務システムのクライアントはいつまでPCなのか」において、業務システムをデスクトップPCからモバイル端末に展開する動きがあることについて紹介した。業務運用を変えることとなるこの大きな波は決してメインストリームに入っているとは言いがたいが、ベンダー側をみると、少しずつ現れているその利点をもとに、いつでも提案できるように準備する姿が次第に現れはじめている模様だ。

デバイスの改善、市場の回復で動き出すベンダー

 市場調査会社 Aberdeen Group 社がBIBusiness Inteligence)ベンダーに対して行った2年前の調査によると、モバイル端末へのBIシステムの展開を始めていた企業はまだ17%でありながら、78%の企業においてもモバイル端末への展開に興味を持っているという回答が得られた。この当時よりベンダー側においてモバイルへの展開を視野に入れた動きはあったものの、大きな動きには結びつかなかったことについて、同社のアナリストであるDavid Hatchは「リーマンショックに直面したばかりの当時の状況では開発投資が進まず、またシステムを提供する魅力的なモバイル端末が存在しなかったことがその背景にある」と説明している。

 2年経過した2010年の調査では、モバイル端末へのBIツールの展開を始めた企業は23%と大きな伸びこそ無いが、次年度までに新たなモバイルサービス開始すると回答した企業が31%に上るなど、にわかにこの市場への投資が進み、活性化する兆しが見られている。この傾向を同氏は「近年相次いで発表されたApple社のiPhoneiPadや、Google社が開発環境を提供するAndroidなどの高機能なモバイル端末が、BI独自の複雑な機能の搭載や、ダッシュボードなどのグラフ表示に十分耐えうるようになったことが背景にある」と説明する。

「モバイル」の前に出現した「クラウド」

 これらベンダー側が取り組んでいるモバイルシステムは、単にモバイル端末上で操作できるシステムの提供を進めているわけではない。顧客企業からみれば、PC端末でのシステムの操作は従来どおり必要であり、また社内の別のシステムとの連携や、顧客側に必要とされる機能のカスタマイズを迫られるケースもある。要件はあくまでも従来の企業向けシステムにおける基本的な機能を満たしている中で、モバイル端末との連携性をその中の一部として提供することにある。この要件と、モバイル端末によるWeb接続が可能となったという技術的な進歩が重なり、最近「クラウドコンピューティング」を利用してモバイル端末へのシステム搭載を取り込んだソリューションが展開し始めている。

 例えば独SAP AGのパートナーであり、シリコンバレーのスタートアップ企業であるLeapfactor2009年創業)では、9月にクラウド型のモバイル・アプリケーション・サービス「Leapfactor Mobile Enterprise Platform」を発表した。SAP ERPによる会計や顧客サポートなどの既存アプリケーションを簡単にモバイル環境で利用できるようになるこの製品は、1ユーザ当たり月額9.99ドルで提供され、AndroidBlackBerryiOSプラットフォームから業務アプリケーションを利用することが可能である。同社のモバイルインターフェースは無料で提供されており、例えばiPhone対応のアプリケーションはApple社のApp Storeから取得することが可能である。同社によると、既に累計3,000件以上がダウンロードされているという。

勝者の鍵はデバイス互換性か?

 モバイルの市場を狙うソフトウェアベンダーは、前述のとおりクラウドコンピューティングによるソリューション提供を指向しているため、比較的中小規模の企業でも参入しやすい環境が整いつつある。しかし大手ベンダーにおいては、従来型のシステム提供による市場拡大が目的ではなく、エンタープライズ・モバイルの世界で「プラットフォームビジネス」を確立させることが重要な課題であり、既にクラウド事業者として大きな存在を示しているGoogleAmazonSalesforceなどが、MicrosoftSAPOracleなどの企業向けシステムに大きな強みを持つ企業と如何に連携するかが、市場の将来を握っていると見られている。

 この同業者内の連携よりも大きな鍵となるのは、これまでの企業向けソフトウェア業界と重なることが多くなかった携帯端末事業者との連携である。現在顧客企業側が法人契約を結んでいる携帯端末が、同じ会社や組織の中でもバラバラであることも珍しくなく、そのような状況下で、AndroidBlackBerryiOSMicrosoft Windows Mobileの各プラットフォームに互換するソフトウェアの提供をするならば、システムを提供するベンダー側に大きな負担がかかり続けることは明白である。

 

 「パソコンを一人一台に」を合言葉に、PCが大量に導入され、企業の業務の文化が大きく変わりはじめた時代、デスクトップパソコンは最終的にMicrosoft社の Windowsに占有された。これに対しモバイル端末は既に新興国でも浸透しているため、米国基準を一律に世界展開する戦略を取ることは難しいと考えられる。それでも大規模なベンダーがせめぎあう現在、企業モバイルの世界でも覇権を握ったベンダーがそのプラットフォームを占有する時代が来るのであろうか?

参考:

Business
intelligence goes mobile

http://www.computerworld.com/s/article/9179090/Business_intelligence_goes_mobile?taxonomyId=9&pageNumber=1

SAP partner
launches cloud-based mobile app service

http://www.computerworld.com/s/article/9183898/SAP_partner_launches_cloud_based_mobile_app_service?taxonomyId=9

品川海外システム運用研究会
品川港南口桟橋ちかく。 頑張れば東京湾を見渡せる、とある会社の会議室で、東京湾の向こうに広がる太平洋と世界に思いを馳せ、海外のビジネス市場でどのようなITシステムがトレンドとなっては廃れていくのか、またそれらを支える技術はどんなもので、私たちの生活やビジネス環境はどう変わっていくのかを、海外システムに興味を持つ営業やマーケティング、技術者が集まり、夜な夜な熱い論議を交わします。 たまにはビールを片手に。 その論議を経たレポートを、海外システム通信としてシステム管理者の会ポータルサイトで公開! 海外に出張しているシステム管理者の方が、「現地ではこうだよ。」なんてコメントしてくれたらいいなと期待しつつ、皆様にお届けいたします。
記事一覧へ
筆者紹介

品川海外システム運用研究会

研究会メンバ:

・K谷リーダ
わが研究会の頼れるリーダ。
NYでの営業経験を持つ技術者。もうすぐ2歳になる息子にぞっこん。
・K玉
お客様のシステムを支えるサポート技術者。
スペイン留学時に学んだパエリア作りをメンバに教えてくれるなど、社内にスペインの風を運ぶ。
・U田
大学・院と情報システムを専攻した生粋の技術者。
在学時と就職後に海外プレゼン経験あり。
研究会での的確なアドバイスはさすがとメンバをうならせる。
・W田
アメリカ留学での語学を活かし、海外営業担当に。
興味深い記事や面白いニュースを研究会に持ってきてくれる。
たしなむお酒も国際派?
・N村
サポートから転部した新米マーケティング担当。
小さい頃から観ていたSound Of Music のビデオのおかげで発音だけはいいが、英語の記事を読むのにいつも一苦労。

コメントを書く

未ログイン: ログインする

コメント: ログイン(会員登録)すると、コメントを書き込むことができます。

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

2020年7月に開催されました第14回システム管理者の会 感謝の日イベントにおきまして、第3回システム管理者アワード 表彰式が執り行われました。 表彰式の様子と、株式会社クエスト様、ニッセイ情報テクノロジー株式会社様、株式会社山櫻様よりご紹介いただきました各社の活動をご覧ください。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ