「第18回システム管理者感謝の日イベント」開催

開催概要

「第18回システム管理者感謝の日イベント」開催 画像
AI技術の進歩は、人々の未来を大きく変革させ始めており、ドキュメント生成に始まり、自動化による業務効率化、個別ニーズに合わせた迅速な対応など、AIは多方面で人々の支援している。
今後は、AIを活用したデータ分析に基づいて、顧客の潜在ニーズを掘り起こし、先回りした提案を行うことが可能になる。また、顧客とのコミュニケーションを自動化することで、サービスマネージャーはより付加価値の高い業務に集中できるようになり、戦略的かつ創造的な業務へとシフトしていくことが求められると思います。
本イベントでは、サービスマネージャーがこのAI時代に何をすべきか、どのように価値を高めてサービスを提供し続けるのかを考えるキッカケをご紹介いたします。

また、恒例となります「システム管理者アワード」も同時開催。
システム管理者の会の皆様の皆様にお役に立てる他社の取り組み、有意義な情報提供ができればと思います。
※ご登録いただきました情報で「システム管理者の会」へ登録させていただきます。ご了承ください。
※今年度のWEBセミナー開催にあたり、株式会社マイナビニュースにご協力いただいております。
※申し込みに関しては、下記URLをご参照下さい。
 URL:https://news.mynavi.jp/techplus/lp/2024/enterprise/unirita_syskan_2024/

日 時

2024年7月10日(水)

14:00~17:30(ハイブリッド開催)

対 象

ITシステム管理(システム運用・開発)やサービスマネジメントに携わる方、またITシステム管理(システム運用・開発)やサービスマネジメントを学びたい方

場 所

「大手町日経ホール」 https://www.nikkei-hall.com/access/

参加費

無料

基調講演:経営アジェンダ化する生成AI:管理から投資へのステップアップ

講演概要

生成AIはいまや主要な経営アジェンダの1つです。多くの企業が生成AIを活用した業務効率化に取り組む一方、一部の企業は既に、生成AIを前提とした事業モデルや人材育成システムの変革に挑み始めています。生成AIの位置づけを、適正な利用を担保する「管理」から、生産性を高める「投資」へと位置づけを高めていくための視点を共有するとともに、生成AIの業務活用へ向けた伴走支援のユーザ事例などもご紹介します。

講演者紹介

株式会社グラファー
代表取締役
石井 大地 氏
東京大学医学部に進学後、文学部に転じ卒業。2011年に第48回文藝賞(河出書房新社主催)を受賞し、小説家としてプロデビュー。複数社の起業・経営、スタートアップ企業での事業立ち上げ等に関わったのち、株式会社リクルートホールディングス メディア&ソリューションSBUにて、事業戦略の策定及び国内外のテクノロジー企業への事業開発投資を手掛けたのち、2017年に株式会社グラファーを創業。 一般社団法人スタートアップ協会理事。一般社団法人ルビ財団アドバイザー。

特別講演:デジタル変革と連動して共存する人財の育成戦略とは

講演概要

経営戦略と連動することが最重要課題となるデジタル戦略と人事戦略。日揮グループでは、長期経営計画ビジョン2040の実現に向けて、デジタル系では「ITGP2030」、人財系では「グランドデザイン2030」を羅針盤として策定した。それらの遂行時の課題や講じた打ち手について、初代CDOを務めた現CHROが語る。

講演者紹介

日揮ホールディングス株式会社
専務執行役員 CHRO
花田 琢也 氏
日揮(現・日揮ホールディングス)入社。石油・ガス分野のエンジニアとして海外プロジェクトに従事。その後、トヨタ自動車に出向。NTTとトライアンフ21を設立。JGCアルジェリアCEOなどを経て、2018年に日揮グループCDO。2022年より現職。

特別講演:「ITSM/ITサービスマネジメント」で、ヒトが企業の未来を切り開く

講演概要

ITSMは、システム管理者が活用するものですが、本来、企業のサービスガバナンスを実現し、事業拡大を実現するためのフレームワークでもあります。 つまり、DXの時代、モノからコトへとビジネスモデルが進化する中で、システム管理者の持つ知見は、企業の事業課題である、「デジタルビジネス/ITサービス」の拡大においても必要不可欠なのです。 ITSMをビジネス拡大に活用するための考え方や事例をご紹介します。

講演者紹介

株式会社ユニリタ 取締役 常務執行役員 サービスマネジメント本部 本部長
兼)株式会社ビーエスピーソリューションズ 代表取締役社長
藤原 達哉 氏
国産汎用機メーカーにてオペレーティングシステム開発に参画。 リクルートに転職し、運用現場を経験。外資系パッケージベンダにて製品の企画・販売・サポート業務を担当したほか、野村総合研究所など複数の企業に在籍。 また、起業の経験もあり、メーカー、ベンダー、ユーザーなど様々な立場でITサービスにかかわってきた。ITILのNPO、itSMF Japanでは分科会座長、講演などに携わる。 現在は、ITサービスマネジメント/システム運用、カスタマーサクセスのコンサルティングに関わるとともに、クラウドサービス事業および、サービスマネジメント事業を担当。

システム管理者アワード

第7回 システム管理者アワード 年間表彰

システム管理者に感謝する活動を取り上げ、各企業・団体に対して表彰を行います。
また、各団体の活動主催者にご登壇いただき、活動の内容や効果をプレゼンしていただきます。

プログラム

13:30
開場
14:10
開会挨拶
システム管理者の会 代表
今里 亘 氏
14:20
基調講演:経営アジェンダ化する生成AI:管理から投資へのステップアップ
株式会社グラファー
代表取締役
石井 大地 氏
15:05
特別講演:デジタル変革と連動して共存する人財の育成戦略とは
日揮ホールディングス株式会社
専務執行役員 CHRO
花田 琢也 氏
15:50
休憩
16:10
特別講演:「ITSM/ITサービスマネジメント」で、ヒトが企業の未来を切り開く
株式会社ユニリタ 取締役 常務執行役員 サービスマネジメント本部 本部長
兼)株式会社ビーエスピーソリューションズ 代表取締役社長
藤原 達哉 氏
16:55
第7回 システム管理者アワード 年間表彰
17:25
閉会挨拶
システム管理者の会 副代表
小出 誠 氏