SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

システム管理者アワード

このコーナーでは、ITシステムを支える方々に感謝の気持ちを伝えたり、活躍を表彰して功労を明らかにしたりする活動を募集し情報発信をしています。

アース製薬株式会社では、全社で導入されているUniposを利用して社員への感謝の気持ちを伝える活動を行っています。
今回この活動について取材いたしましたので、ご紹介いたします。

組織紹介

1892年に大阪難波で創業。1925年に設立し、もうすぐ100年を迎える。1973年発売の「ごきぶりホイホイ」発売を機に、「アースレッド」、「アースノーマット」、「サラテクト」などの虫ケア用品(殺虫剤)市場において、シェアNo.1となっている。他家庭用品では、口腔ケア用品の「モンダミン」、入浴剤の「バスロマン」などのロングセラーブランドがある。2013年には、園芸業界へ本格参入し「おうちの草コロリ」や「ロハピ」を発売、安全・安心を追求した戦略で市場拡大を目指している。介護業界にも新たに「ヘルパータスケ」ブランドで参入している。これまでにデング熱や日本脳炎といった虫を媒介とした感染症対策商品を提供してきた知見を活かし、今後は除菌など感染症の予防にまで事業を拡大させ「感染症トータルケアカンパニー」を目指す。

コミュニケーションの活性化と見えづらい貢献の可視化

―活動実施の背景を教えてください

アース製薬では、事業を運営していく上で社員全員が持つ共通の価値観として、「全員参画」「コミュニケーション」「人がすべて」という3つを掲げており、これらを「アースバリュー」と呼んでいます。
コミュニケーションと人を大切にする弊社の文化にコンセプトや仕組みが非常にマッチすると感じUniposを導入しました。
全社で「“ありがとう”でコミュニケーションをとろう」というメッセージを打ち出して「感謝の気持ちを広める」活動を推進しています。コミュニケーションの活性化と、見えづらい貢献の可視化ができればと考えています。


執行役員 情報システム部部長 梶晃様(右)、情報システム部ITインフラ課課長 作地昭彦様(左)

―どのような活動ですか?

Uniposを利用して、感謝の気持ちを伝えたり、感謝の気持ちをポイントにして送ったりしています。
全社員がタイムラインでその状況を確認できるので、内容について共感する時には拍手を送ったりしています。
梶執行役員は、その日に「一緒に仕事に関わった方々」や、「誰がどのような活動をしていたか」を振り返り、自部門、他部門問わず、関わった方に感謝を伝えることで、情報システム部が、「どのような仕事をしているのか」をより知ってもらうことに繋がっているのではないかと思っています。また、情報システム部員も社内の方から感謝の気持ちを受けることでモチベーション高く業務に取り組むことができております。
全社の感謝を伝える活動の中で情報システム部員が感謝の気持ちをもらうランキングの上位に入ることが多く、改めて情報システム部員が携わっている業務を認識して頂けていると実感しています。

1月から10月期間の全社Uniposユーザ約1,200名の中で、「投稿された」ランキングベスト10に情報システム部員が4名ランクインしている結果からも感謝の気持ちを多く頂けていることがわかります。

作地課長は、社員にとってみれば業務システムは動いて当たり前の世界、止まるようなことがあれば怒られる事はあっても、褒められる事は滅多になく・・・といった状況の中、Uniposを導入したことで、システムの安定稼働に向け日々行っているメンテ活動や社員へのサポートなど今まで見えづらかった「感謝の気持ち」が数多く投稿されるようになり、情報システム部の対応している業務を改めて知ってもらうとても良い機会となっております。

― 今後はどのような活動を計画されていますか?

現在、情報システム部では、基幹システムの刷新を予定しています。
感謝の気持ちを伝える活動を通して、自部門だけでなく、他部門の業務に関心を持つことで、全社のコミュニケーションが増えています。今後もよりスムーズに他部門と連携して全社一丸となって「ものさし」、「インフラの刷新」の推進ができればと考えています。

―最後にメッセージをお願いします。

システム管理には、システムの繋がり以上に、コミュニケーションの大事さ、人との繋がりが大事だと考えています。システム部門は全社の繋ぎの要になる部門であると実感しています。今後もIT部門からの全社への発信が多くなるように、また、その活動が認識されるようにと思っていますので、この活動をさらに続けて、感謝の気持ちを伝える活動が広まっていくきっかけになれば良いと考えます。

アース製薬株式会社様、ありがとうございました。

システム管理者の会では、ITシステムを支える方々に感謝の気持ちを伝えたり、活躍を表彰して功労を明らかにしたりする活動を、引き続き募集しています。
皆さまの活動紹介を通じて、業界全体で活動が浸透することを目指しています。

 

お問い合わせ

システム管理者アワードへのご応募やお問い合わせは、当ポータルサイトの問い合わせフォームよりお送りください。

>>お問い合わせフォームはこちら

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

2021年7月 第15回システム管理者の会 感謝の日イベントの開会のご挨拶の様子を掲載いたします。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ