システム管理者認定講座 上級コースのご案内

アソシエイト(上級)コース
この講座で取得できる資格:
システム管理者マスター
目指す人材像:
事業とITの関係を理解し、全体を見通すことのできる人材

講座プログラム(3日間)

1日目: ヒューマンスキル講座
「コンセプチュアルスキル」
2日目: テクニカルスキル講座ナレッジ編
「ITサービスマネージャのための事業関係管理」
3日目: テクニカルスキル講座実践編
「顧客要件の分析とITサービスマネジメントの実践」
上級コースカリキュラム

受講後の効果と業務への活用

システム管理者認定講座では、ヒューマンスキルとテクニカルスキルの両面から、各レベルに必要な総合的な能力を身につけられるようプログラムが組まれています。
講座の中で「基本」と「理論」を身につけ、それを実際の日常業務で応用する中で実践力を磨いていくことをおススメします。
以下に、初級コースを受講後の効果と業務での活用イメージを示します。

上級(マスター)コース

Off-JT<基本・理論の習得>
システム管理者認定講座で習得すること
OJT<日常業務の実践での習得>
業務での活用イメージ


|




組織全体、問題点全体を俯瞰的に把握できる思考プロセスを学べます。フレームワークを活用し、マネジメント能力向上のための問題把握力を身につけられます。

論理的考察力、洞察力、および的確な状況判断 ビジネスの各場面において、以下のような能力を発揮します。

●論理的に考えることができる
⇒会社方針を要約してメンバーにわかりやすく伝える(具現化)
●洞察力が高い
⇒可視化されないことが想像できる
●的確な状況判断ができる
⇒日々会社に起こる様々な事象を見て、根本原因を特定できる








ITサービスマネジメントにおける事業関係管理について学び、ITサービスマネージャーとして、要件定義と課題解決提案の体験実習をできます。
顧客とのやり取りの中で、非機能要件の種類と定義手法について学びます。
ITサービスマネージャとして関係各者との関係構築と課題提案を実施 ITサービス提供に関わる顧客、サービスプロバイダといった関係各者とのリレーション構築や情報共有を心がけ、ニーズの発掘や課題に対する提案を行います。
また、ニーズを収集するだけでなく、そのITサービスがビジネスに適合しているかどうかも判断、評価報告ができるようになります。

2019年度 上級コース講座日程

A日程 2019年5月15日(水) 2019年6月5日(水) 2019年6月19日(水)
B日程 2019年10月2日(水) 2019年10月17日(木) 2019年11月13日(水)

※業務都合などで、決められた3日間の日程でご参加できない場合は、一部を別日程に変更して受講することができます。システム管理者の会事務局(Mail:sysadmingrp@unirita.co.jp、TEL:03-5463-6383)までご連絡ください。

受講者の声

受講者の声1

ITサービスマネージャとしての、管理・進捗すべてに関わるような内容で、とても参考になりました。

受講者の声2

日々仕事の中で発生する色々な問題に対してのアプローチ方法を見つけることができました。ぜひ業務に活かしていきたいです。

受講者の声3

ITサービス提供側の視点でしかITサービスマネジメントの運用をしてきませんでしたが、顧客側の視点で考えることを発見・感じることができました。

受講のお申し込み

下記ページよりお申し込みください。

IT企業セミナーへの掲載申し込みはこちら

※システム管理者の会への会員登録が必要です

  • 新着Q&A
  • 最新の回答

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

毎年恒例となった「システム管理者の会」の年に一度の大イベントとなる「システム管理者感謝の日イベント」の模様をお届けします。 今年のテーマは、「集まれ若いチカラ!システム管理者のための夏期講習!!」です。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ