SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

運用ノウハウを学ぶ

システム管理に関わるベーシック情報やトレンドをご案内します!

アウトソーシングのポイント 第2回 アウトソーシングを実施する際に整理する 役割体制、業務項目 発、受注者側の役割
2006年06月14日 20:11

ITシステム運用のアウトソーシングに限らず、どのような契約の場合でも、実施前には、発注する側も受注する側も、「もの」をみる際に「薔薇色」のレンズを通した状態になり、
実際の運用が始まった時には、

    • 「こんなはずじゃなかった・・・」
    • 「契約する前はいいことをばかりをいって・・・」
    • 「これなら、前の方がよかった・・・」
などといった、不満や愚痴がでてしまうケースが多々あります。
このコーナーでは、実際にアウトソーシングを実施した発注者側からの「声」、受注者側のアウトソーサーからの「声」を、お聞きした内容について、なるべく「生に近いかたち」でお伝えします。ケーススタデイを通して、現在の業務「カイゼン」や今後アウトソーシングを実施する際の事前確認のテンプレートとして活用していただけるような情報を提供いたします。

さて、今回は、「アウトソーシングを実施するときのチェックポイント」実践編の第1回として、基幹業務を外部にアウトソーシング委託する際の

    • 役割体制、業務項目
    • 発注者側の役割、受注者側の役割
について整理します。

アウトソーシングを実施する際に整理する 役割体制、業務項目

[1]アウトソーシング 実施時の役割体制図(例)を以下に示します。
    • 発注者側、受注者側の責任窓口の明確化がポイントとなります
    • アウトソーシングを受注する側の体制については、担当体制の名称等が若干違う場合もあります
表1.ITシステム運用アウトソーシング 実施時の役割体制図(例)
060614_diagram1.png
[2]アウトソーシングを実施する際に発生する業務項目(例)を以下に示します。
5つのカテゴリーに分けて、業務を整理します。
表2.ITシステム運用アウトソーシング 実施時の業務項目(例)
image17.PNG
アウトソーシングを実施する際に整理する 発注者側の役割、受注者側の役割

[1]上記2.の項目をさらに詳細にわけ、発注者側・受注者側の役割分担を整理します

  1. 管理業務
    image070201.PNG
  2. システム維持管理業務
    image070202.PNG
  3. ネットワーク管理業務
    image070203.PNG
  4. 運用業務
    image070204.PNG
  5. オペレーション業務
    image070205.PNG

今回、提供した内容をさらにブレークダウンした情報が必要な場合は、シスドック担当までお問い合わせください。

次回(7月上旬予定)は、実践編の第2回として、


  • 実施にあたっての事前に実施すべき項目 ・・ヒアリング項目、確認項目

  • 実施後に発生する諸問題と解決事例

を掲載いたします。

運用テクニック
アウトソーシングのポイント

ITシステム運用のアウトソーシングを検討、実施する上での課題、確認事項、留意点、そして実施したユーザ企業で問題となっている点等の情報を掲載いたします。

記事一覧へ
筆者紹介

株式会社ビーエスピーソリューションズ

運用プロフェッショナルサービスグループ

佐藤陽一

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

2021年7月 第15回システム管理者の会 感謝の日イベントの開会のご挨拶の様子を掲載いたします。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ