SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

運用ノウハウを学ぶ

システム管理に関わるベーシック情報やトレンドをご案内します!

「運用ゲンジン」が提供する「運用設計のポイントと管理ドキュメント」 【第8回】 どんな簡単な作業でもプロセスと役割はしっかりと!!
2009年04月08日 12:12

四月に入り、やっと厳しい寒さから解放され、どことなく気持ちも和らいできた気がしますが、相変わらず不景気だけは季節のようにそう簡単には回復してはくれないようですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 
運用は仕事がらどうしても暗いイメージが付き物なようですが、みなさんの縁の下のパワーでぜひこの不景気を吹き飛ばしていただければと思います。 

今回は前回の設計ポイントに引き続き、運用管理での主な管理事項とそのプロセスについて簡単にまとめてみましょう。 
実際には各作業の役割や担当によってもかなり異なりますし、また、各作業ごとに更に詳細の手順や流れになるので、ここでは敢えて大まかな流れに止めておきます。

運用管理体系
掲載資料1
090408_1.png
プロセスでは作業上必要なプロセスや体制による役割分担でのプロセス、また、ITIL、ISMS、JSOXなどで求められるプロセスがあります。 
各情報部門での体制・役割、また、各管理事項の関わり方などによって様々で、このプロセスでなければならないということはありませんが、基本的には受付・承認・確認・作業・検査・証跡・報告といったような行為が各作業に含まれて行われてることだと思いますし、それらがルールとしてではなく、作業手順や指示書で明確にされていることが重要です。 

プロセスを明確化することでITILやJSOXなどで求められている手続き手順の文章化、あるいは体制や役割の妥当性・運用効率・運用品質・正確性・安全性・確実性などを明らかにし、役割やプロセスを見直すことにも使えるはずです。 

スケジュール管理でのプロセス
掲載資料2
090408_2.png
掲載資料3
090408_3.png
運行・監視管理でのプロセス
掲載資料4
090408_4.png
掲載資料5
090408_5.png
入/出庫管理でのプロセス
掲載資料6
090408_6.png
掲載資料7
090408_7.png
運用テクニック
「運用ゲンジン」が提供する「運用設計のポイントと管理ドキュメント」

2005年10月から2006年3月に、システム管理者の会サイトの前進である"カイゼン活かす"サイトに掲載され、その後も根強い利用がある「運用規約、運用設計書」の筆者である「運用ゲンジン」ことITシステム運用コンサルタント沢田典夫氏のコーナーが復活します。今回は、より具体的な内容で運用設計のポイント、運用の管理項目とプロセス、運用設計基準書内容等について、テンプレートを多数公開していただきます。
皆さんの運用カイゼンにお役立てください。

記事一覧へ
筆者紹介

沢田 典夫(さわだ のりお)

1951年生まれ。運用との出会いは某銀行でのオペレータに始まり、7年間富士通 フィールドSEとして多くのメインフレームの導入の企画提案、移行、OS試験、環 境設計や構築~チューニング、また業務システム開発などを手掛ける。また、某大手 トレーディングスタンプ会社で13年間、コンピュータの導入、業務システムの開発 (物流・販売・財務・経営)および運用を行い、この時に開発の標準化、自動運転環境構築、運用設計や運用改善、また、運用ツールの開発などを手掛け、運用の基盤を 確立する。その後BSP一期生として入社し、運用診断や運用企画、また、運用設計 を重視した運用ツールの導入などを行い、コンサル事業の基盤作りを行う。その後運用コンサルとして独立し、これまでの経験を生かし、運用する人の立場に立ち、ま た、運用改善は永遠のテーマを掲げ、16年間一匹狼で運用と向き合ってきました。

  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

2021年7月 第15回システム管理者の会 感謝の日イベントの開会のご挨拶の様子を掲載いたします。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ