SysAdmin's Group システム管理者の会
日本最大規模の
システム管理者のネットワーク

コラムを楽しむ

システム管理に携わる人たちが語る。様々な話題満載のコラムをお届けします。

システム運用の“人としくみ” レポート定期掲載についてのお知らせ
2006年04月26日 17:52

企業経営の中でますますシステム運用は重要視されています。システム運用は、激変するICT(情報通信技術)や社会環境の最中にありながらも、これからも、さらに生き続けていかなければなりません。しかし、周りの期待とは裏腹に、現状のシステム運用は日々の業務に追われ、システム運用の三原則(安定・安全・信頼)の役割を全うするだけで精一杯の状況にあります。2007年問題が抱えているさまざまな問題も、何ら解決されないまま時間が過ぎていっています。このような時期にあり、「システム運用の"人としくみ"」と題したレポートを定期的に掲載していくことにしました。予定しているレポートの各章別概略を以下にご説明いたします。(この内容は状況によって変わる場合がありますので、あらかじめご了承願います)

  1. システム運用とは何か
    業務システムの開発では、つねにそのときの最新の技術を用いるのが一般的ですが、複数の業務システムを維持するシステム運用は、古い技術を用いた業務システムも超最新の技術を用いた業務システムも、それぞれ定められたサービスレベルを維持しながら、業務システムが廃棄されるまでは、一生、維持・管理していかなければなりません。企業がビジネスを行う上でコンピュータが欠かせないものとなっている現状を踏まえ、そのコンピュータがどのような人たちによってどのように維持運営されているかをみていきます。

  2. これまでのシステム運用
    これまでのシステム運用は、苦難と工夫によって築き上げられてきたいわば"芸術品"であるといえます。果てしない技術革新と社会から求められるさまざまなことにうまく適応させてきた"しくみ"が、いまここにあります。人間はここまで進化に適用できるものでしょうか。そのシステム運用の軌跡をたどってみます。

  3. 企業ビジネスとシステム運用
    企業にとって、そのビジネスを創出するにはコンピュータが必要不可欠なものとなっています。コンピュータが道具(ツール)としてだけでなく、ビジネス戦略上の前提条件にもなっているのです。コンピュータシステムをうまく使いこなせない企業は、いまの世の中では生き残っていくことはできません。まさに、システム運用こそいまの時代を生き抜いていくための戦略的業務といえるでしょう。

  4. これからのシステム運用
    もともとシステム運用は「安定性・安全性・信頼性」(これを運用の三原則といっています)をもっとも重視するものです。お互いの関連性を増さなければならない要件が出てきたとしても、このために何かのコンピュータシステムを変更・廃棄することなどとても困難なことです。「開発は一度、運用は一生」という言葉があります。システム運用はいつの時代においても困難な問題に直面しながらもそれらを解決し、また新たなシステム運用の姿をつくりだしていくものなのです。

  5. システム運用のマネジメント
    システム運用は先にも述べたように2面性をもったしくみとその運営です。つまり、保守的な面と先進的な面の2面性です。しかし、とかく、現状の安定性・安全性・信頼性という保守的な面だけを重視しすぎる傾向にあり、改善・改革に代表されるような先進的な取り組みには消極的になりがちなものです。こうした2つの面をどのようにバランシングしていくか、システム運用をマネジメントしていく上でもっとも考慮しなければならないことの一つです。まさに、システム運用にとってのマネジメントの主体は、技術的な面よりも人的なものに焦点を当てなければならない性格のものだといえます。
次回は、「システム運用とは何か」について整理します。
コラム CIOへのメッセージ -アーカイブ-
システム運用の“人としくみ”

企業や社会のインフラストラクチャーであるシステム運用に携わる人たちとはどんな人たちでしょうか。

記事一覧へ
  • 新着Q&A
  • 最新の回答
回答数:22019年11月12日

システム管理者認定講座<全コース共通>試験のみ受験希望の方はこちら

動画で見るセミナー
動画で見るセミナー

皆様からのご要望にお応えして、第14回システム管理者の会 感謝の日イベントでご講演いただきましたauカブコム証券株式会社 道場 大様の講演動画を公開いたします。 見逃してしまった方や、もう一度観たいといった方はこちらからご覧ください。

個人情報保護方針
運営者につい て
利用規約
サイトマップ