今年の「システム管理者のための夏期講習」は・・・

「システム管理者のための夏期講習」は、日本のシステムエンジニアを応援する『システム管理者の会』が毎年夏に開催しているイベントです。会社のITシステムを運用・管理・企画・開発する人たちが集まって、新たな技術や考え方について学ぶとともに、参加者同士の交流を通じて知見を広め、自分をひとつステージアップしていただくことを目指しています。

今年のテーマは、「すべての企業がITを武器にする時代の『エンジニア魂』を考える」です。

ITがコモディティ化してきた今、ますますビジネスとITの関係が密接になってきています。
クラウドコンピューティングやオープンソースによる技術革新の結果、インフラ管理やシステム運用にかける工数が減り、ビジネスの可能性をITを使って広げていくことにかける時間も増えていくことと思います。その新たな時代に、ビジネスを支えるITエンジニアになるためにはどのようなスキルを身に着けていけばいいのか、どのような組織・体制がそういった人材を育てるか、多彩な業界のITエンジニアや有識者を迎え、そのヒントを探ります。

このイベントのルーツは…

毎年7月、最終金曜日の「システム管理者感謝の日」をご存知ですか?
「トラブル無く稼動して当たり前」といわれるITシステム。
その陰には、多くのシステム管理者の方々の、日々絶え間なく続く、粘り強い支えがあります。
そんなシステム管理者の方々に感謝し、敬意を表する記念日として「システム管理者感謝の日」は生まれました。

「システム管理者感謝の日イベント」はその名の通り、「システム管理者感謝の日に、システム管理者に感謝する」ためのイベントとして2007年に始まり、今回で8回目を迎えました。

エンジニア魂とは?

現在では、情報システム部門だけでなく、データセンターやアウトソーシング先、外部のクラウドサービス業者、また自身でサービスの導入管理をするユーザ部門など、ひとつの企業のICTを様々な人たちが支えています。多岐にわたるITを支える仕事を前に、自分は何を専門としたらいいのか、どう会社に貢献していったらいいのか、ITエンジニアたちは日々考えているのではないでしょうか。そんなエンジニアたちを応援するため、システム管理者の会では、「常に技術を学び続ける姿勢を持ち、プロのエンジニアとして企業のビジネスをひっぱっていくこと」を『エンジニア魂』と呼びそんなエンジニア魂を持つ(持ちたいと思っている)人たちを、応援していきます。

What is? エンジニア魂

情報交換会

答えは案外、すぐ隣の人が持っているかも・・・

今回の情報交換会は、「本当に情報を交換できる会」がテーマ。
同じ興味・関心を持った人同士が、その場で情報交換できるようなフリースタイルのテーマ別懇親会を予定しています。

情報交換会の会場内には、「IaaS」「ビッグデータ」「DevOps」などのテーマごとに、テーブルをご用意します。
来場者の皆様には、興味のあるテーマのテーブルに立ち寄って頂き、同じテーマに興味がある方々と情報交換していただきます。
立場や所属する組織が違えば、同じテーマでも見方が変わるもの。
テーマに興味を持った理由や、その優れている点、利用するにあたって困っていること等々、軽食やお飲み物を召し上がりながら、あれこれ話をしてみてください。

また、それぞれのテーブルにはそのテーマに精通した「テーブルオーナー」がつきます。そのテーマについての問題や疑問、そして「実際のところどうなの?」と、尋ねてみてください。

現在検討中のテーマは・・・

講演者・登壇者紹介

ご講演・パネラー

吉岡 弘隆 氏

  • 楽天のビジネスを支える
    インフラストラクチャーと人材
  • 楽天のビジネスモデルとそれを支えるインフラストラクチャーの変遷についてご紹介します。 また、近年積極的にグローバル化を推進しているが、その背景と英語化、エンジニアの育成などについても言及します。
  • 楽天株式会社
    開発統括管理部 開発総務・人事管理課 技術理事
    吉岡 弘隆 氏
  • 1958年生まれ。エンジニア歴30年でオープンソースの先駆者。
    慶應義塾大学工学部・修士課程を修了後、日本DEC研究開発センターに入社。
    1994年に日本オラクルへ転職し、米オラクルで『Oracle8』を開発するなどの実績を残した後、2000年にミラクル・リナックスの創業に参加して取締役CTOに就任。2008年に退任し、2009年より現職。

田辺 要平 氏

  • 大成建設がiOSアプリを販売!?
    ~これまでの道のりと、いま向かっている場所~
  • 2003 年より大成建設が全社導入を行ったプライベートクラウド「建設サイト」(三菱商事運営)。いまでは5700社3万アカウントにまで成長し、月間50万枚以 上の図面がセキュリティの確保された環境下でダウンロードされながら全国の工事が施工されています。このようなクラウド運用からiOSアプリ「Field Pad」の開発・販売まで、同社の建築工事における運用と開発を指揮してきた担当者が、その時何を考え、何をしてきたのか・・・その根底にあるポリシーを 惜しみなく語ります。
  • 大成建設株式会社
    建築本部建築部企画室 業務改革推進担当 課長
    田辺 要平氏(一級建築士)
  • 1994年大成建設へ入社したのち、様々なプロジェクトの施工管理に従事。 1997年本社建築本部へ異動後は、大型積算システム開発の担 当や同社住宅事業のIT化を指揮。 2003年には三菱商事「建設サイト・シリーズ」の開発協力および社内導入を担当し、現在は建築施工 部門のASP・クラウド利用などを中心とした業務改革のIT責任者となる。 2011年リリースのiOSアプリ「Field Pad」では企画・開発の中心メンバー。
    これまでの経験を元に、今年7月より企業内イノベーターを支援する「Innovation Café」の実行委員に。
    www.facebook.com/InnovationC
    現在、大塚製薬のSOYJOYキャンペーンサイトでも掲載されている。 www.otsuka.co.jp/soy/sp/

パネラー

大場 光一郎 氏

  • 株式会社クラウドワークス
    執行役員 CTO 大場 光一郎 氏
  • 2001年にSIerへ入社。在職中にRubyに出会いRubyの導入支援やRubyを用いたクラウドサービスの開発・運用に従事した後にグリー株式会社へ転職。
    グリーではインフラストラクチャ部門にて開発環境からプロダクションをつなぐDevOps周りを担当し、GitHub Enterpriseの導入による開発品質の向上や、デプロイメント支援システムをRubyで開発した他、サーバ構築の自動化導入、最新OSへのリプレース推進といった活動を通じてプラットフォーム全体のリリースプロセス改善に尽力した。
    また社内開発のライブラリ等のOSS公開を推進し開発者コミュニティの活性化に貢献。
    2014年1月より株式会社クラウドワークスに参画、執行役員CTOに就任。

小林 賢也 氏

  • 東京海上日動システムズ株式会社
    ITサービス本部長 エグゼクティブオフィサー
    小林 賢也 氏
  • 1989年4月、東京海上システム開発(株)(現東京海上日動システムズ)に入社。海外拠点の保険アプリケーション開発を担当した後、基盤システム構築に15年間程携わる。
    その後同社経営企画部を経て2006年から同社ITサービス管理部長の職に就き、ITサービス全体の統括管理を行う。2011年6月、同社ITサービス本部長の職に就き、基盤システムの構築、保守、運用、ITサービスマネージメントを統括。
    また、特定非営利活動法人itSMF Japanの副理事長としてITIL及びITSMのプロモーション活動も行っている。

モデレータ

吉田 雄哉 氏

  • 株式会社co-meeting
    パブリック クラウドエヴァンジェリスト
    吉田 雄哉 氏
  • 株式会社co-meetingの創業メンバー。
    SIer、企業内情報システム部門、SaaSビジネスの立上げなどの職歴を活かし、「パブリック クラウドエヴァンジェリスト」と名乗りベンダーを超えて全国各地でクラウド活用方法の講演やセミナーをする傍ら、執筆活動や企業のテクニカルアドバイザーとしても活躍中。
    放送大学の非常勤講師、CompTIAの教育パートナーとしてのトレーニングなどクラウド時代の人材育成にも取り組んでいる。

スペシャルコンテンツ

イベント参加が一層楽しみになるスペシャルコンテンツを掲載いたします。

登壇者による対談記事を公開中!

登壇者の方々の対談が記事になりました!
今回のイベントに登壇して頂く方々の対談記事が、EnterpriseZineにて掲載中です。

【特別鼎談Ⅰ】「積極的に外に出ることで自分が磨かれる」エンジニアはサバイブ力を身につけよ!

第一回鼎談

【特別鼎談Ⅱ】情報を発信しないと情報は集まらない!コミュニティ活動でキャリアアップを図れ

第二回鼎談

登壇者インタビュー動画

■大成建設 田辺 要平氏

田辺氏にとっての「エンジニア魂」とは、 今回のイベントで伝えたいこと、
そして田辺氏が実行委員を務める「Innovation Café」についてお聞きしました。

■クラウドワークス 大場 光一郎氏

大場氏がクラウドワークスで挑戦したいこと、若いエンジニアに伝えたいこと、
大場氏にとっての「エンジニア魂」についてお聞きしました。

実はこの「エンジニア魂」のロゴ、クラウドワークスで
作成をお願いしました。募集から納品まで約2週間という
驚異的なスピード!大場氏の言う「新しい働き方」を体感
できました。

愛亭智念の「IT和尚が行く」

システム管理者の会ポータルサイトで登場した「IT和尚」こと
愛亭智念(あいてい ちねん)の珍道中、イベント特別篇!

愛亭智念の「IT和尚が行く」

プロフィール
名前:愛亭 智念(あいてい ちねん)
年齢:16進法で33歳
現住所:全国のサーバルームを転々とし、現在は品川
趣味:自転車、ITガジェット集め
得意技:コマンド読経、最終奥義『自転車逃走』

愛亭智念の「IT和尚が行く」

IT和尚が行く

会場

日経ホール

〒100-8066 東京都千代田区大手町1−3−7

http://www.nikkei-hall.com/

アクセス

東京メトロ

千代田線
「大手町駅」神田橋方面改札より徒歩約2分
丸ノ内線
「大手町駅」サンケイ前交差点方面改札より徒歩5分
半蔵門線
「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約5分
東西線
「大手町駅」中央改札より徒歩約9分
「竹橋駅」4番出口より徒歩約2分

都営地下鉄

三田線
「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約6分

地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結

#kakikosyu2014

ツイッターとメールアドレスsysadmingrp@bsp.co.jp

システム管理者の会 ポータルサイト

TOPへ